• Home » 【子供のお着替え】いつから自分でできる?着替えの仕方や教え方も解説

【子供のお着替え】いつから自分でできる?着替えの仕方や教え方も解説

子供のお着替えはいつ頃から教えるのがよいのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。幼稚園に入る頃までに、子供がひとりで着替えられないと親が焦ってしまうことも。

この記事では、子供のお着替えについて、成長段階でいつどのようなことができるのか、ということや、着替えでつまずくポイントやスムーズに教える方法などを解説いたします。ぜひ参考にしてください。

お着替えはいつからできるの?

1歳頃からお座りやつかまり立ちをしながら、親が服を脱がせるときにバンザイしたり片足をあげたりする姿が見られるようになってきます。このような動作は着替えに対する意欲のあらわれですが、教えてもまだ自分でできるようにはなりません。衣類の脱着を教える前段階として、着替えの動作を一緒に楽しむことが大切です。

ひとりで着替えができはじめる年齢は「2~3歳頃から」と言われています。最初は、服のどの部分に頭や腕を通すのかもわかりませんので、親のサポートが必要です。また子供が自分でやってみたいと意思を表示したら、できなくてもチャレンジさせてあげて側で見守りましょう。

【年齢別】お着替えでつまずくポイントはここ

続いて、年齢別にお着替えでつまずくポイントをご紹介いたします。

2歳

トップスは、まだ自分で頭を通すことができないことが多いため、まず頭を通してあげましょう。それから片腕ずつ袖に通すように導いてあげます。慣れてくると自分でスムーズに腕を通せるようになります。

ボトムスは、立って脚を通そうとするとバランスを保つことがむずかしいため、低い椅子を用意してあげるとよいでしょう。ズボンの片方の脚に両脚を通してしまったり、ズボンを上にあげるときお尻に引っかかってしまう姿もよく見られます。

3歳

2歳の頃と比べると成長が見られ、トップスは自分で頭を通して着替えることができるようになりますが、洋服の前後はまだわからないことがあります。洋服の前側を下にして置くように教えると迷わず着られるでしょう。

前開きのボタンが付いた服を練習しはじめてもよいですが、むずかしい場合は無理にさせずもう少し手先の発達を待ちましょう。

ボトムスも徐々に上手になってきますが、デニムなどの固い生地やフック、ファスナーが付いたものはつまずいてしまいがち。まずは伸縮性のある素材でウエストがゴムのものなどで練習させるとよいでしょう。

4~5歳

この年齢になると、前開きでボタンやファスナー付きのトップスを練習すれば、徐々にできるようになってきます。ボタンやファスナーをすべて外して前側を上に置き、片方ずつ腕を入れて、両方の袖が通ったら前側を閉めます。

ファスナーは始めのかみ合わせがつまずくポイントです。壊れてしまうこともあるため、裁縫用のファスナーパーツで練習してもよいでしょう。ボタンは穴に通して抜くまでがむずかしいポイント。特に一番上のボタンは見えにくいためサポートが必要です。

ボトムスは、デニムなどもひとりではけるように。またバランス感覚も発達してくるため、立ちながら着替えられるようになります。

お着替えをスムーズに教えるコツ

次に、お着替えをスムーズに教えるコツをご紹介いたします。

お着替えしやすい服を与える

お着替えを練習している段階では、子供が脱着しやすい服を選ぶことが大切です。脱着しやすい服の条件を見てみましょう。

・飾りのないシンプルなデザイン

・伸縮性がある生地

・ゆったりしたサイズ感

・トップスは被るタイプ

・首回りや袖口、裾にゆとりがある

・長袖長ズボンより半袖半ズボン

・ボトムスはウエストゴム

上記の条件を満たしているパジャマなどは練習に最適です。

それとは逆に、固い生地の服などで練習すると、子供にとってむずかしいポイントが多く、「できない!!」と着替えをやめてしまうこともあるため注意しましょう。

遊び感覚の声掛けをする

小さいうちは子供にとって遊びとそれ以外の境がありません。着替えも遊びのように楽しくできる工夫をしてみましょう。例えは、Tシャツの首から頭を通して出てくるときに「いないいないばあっ!」と声かけをしてみたり、袖や裾に手足を通すときに「トンネル通りまーす!」と電車ごっこをしたり、遊び感覚で一緒に楽しむと子供も喜びます。

お着替えに集中できる環境を作る

着替えるときに、子供が好きなテレビ番組をかけていたり、おもちゃがある部屋では気が散ってしまいます。そうすると子供は好きなものに気を取られて着替えが進まないため、集中できる環境を作るようにしましょう。

時間に余裕をもって見守る

お着替えをはじめた段階ではできないことがたくさんあり、付きっきりでサポートする必要があります。しかし、子供が自分でやりたいと言っている時は、できなくても時間をかけてゆっくり見守ってあげましょう。お着替えの練習は、比較的時間に余裕があるタイミングで行なうのがベストです。

たくさん褒める

子供が今日がんばったポイントをたくさん褒めてあげましょう。毎日のスモールステップを大切にするとたくさんの声かけができます。できたことだけではなく、自分で率先して着替えをしようとしたことや、上手にできなくてもチャレンジしたことを認めてあげると効果的。もし、ひとりで着替えができた洋服の前後が逆だったり、靴下のかかとが上になっていても指摘せず、できたことを一緒に喜んであげるとよいでしょう。

無理にやらせない

子供のやる気がない時、できなくて心が折れてしまった時は、無理にひとりで着替えさせなくても大丈夫です。前進する時もあれば停滞する時もあるのは自然なこと。子供の気持ちを受け入れてサポートしてあげましょう。

子供のお着替えを応援して意欲を引き出そう

子供が自分でお着替えできるようになるポイントは、適切な服を選ぶこと、時間をかけて見守り、着替えに取り組む姿勢やできたことを認めてあげることです。

少しずつできることを増やしていけば、いつの間にかひとりでお着替えするようになるでしょう。

シヤチハタでは、お子様がひとりで着替えができるようにサポートする「お着替えできるポン」というスタンプをご用意しています。かわいいスタンプを洋服にポンと押せば、前後がわかりやすくなり楽しくお着替えが進むという商品です。ぜひシヤチハタのサイトでチェックしてみてください。

また、実際に商品を使用した親御さんに使用感などをインタビューしました!
気になる「お着替えできるポン」の使い心地や「本当にちゃんとお着替えできる?」などの効果はコチラの記事からチェック!

一緒に読まれている記事

この記事で紹介した商品

お着替えできるポン

まえうしろの目印でお着替えトレーニング。まえうしろがわかりづらい肌着などに押すことでお子さまのひとりお着替えをサポート!忙しい朝にも便利なお助けグッズです。

希望小売価格¥600+消費税