• Home » 【離乳食】生後いつから始めて何をどう食べてもらうのか

【離乳食】生後いつから始めて何をどう食べてもらうのか

「うちの子ももうすぐ離乳食かな?」と感じても、母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんに「いつからどんなものを食べてもらうのか」などに疑問に感じることもあるかと思います。
今回は、なぜ離乳食が必要で、生後いつ頃から始めて、どんな食べ物を与えたらいいかについてご紹介します。

「うちの子ももうすぐ離乳食かな?」と感じても、母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんに「いつからどんなものを食べてもらうのか」などに疑問に感じることもあるかと思います。

今回は、なぜ離乳食が必要で、生後いつ頃から始めて、どんな食べ物を与えたらいいかについてご紹介します。

生後5~6か月を目安に赤ちゃんの成長をよく見て

離乳食は赤ちゃんの“食べる練習”

母乳やミルクを飲んできた赤ちゃんが、少しずつ固形食に慣れるための食事が離乳食です。食べ物を噛んで、飲み込んで、おいしさを楽しんで。“自分で食べる”ための力を身につける練習ですから、赤ちゃんのペースにあわせて、ゆっくり、あせらずに進めることが大切です。

赤ちゃんからのサインに注目

離乳食を始める決まった時期はありません。ただ、生後5~6か月頃に赤ちゃんの様子を観察してみて、こんなサインがあらわれたら離乳食を始めるタイミングだと判断できます。

・首の座りがしっかりしている

・5秒くらい座れる

・大人の食べているものに興味を示す

・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

離乳のスケジュールは4段階で考えましょう

赤ちゃんの成長には個人差あるので、以下はあくまでも目安です。衛生面には気をつけながら、子供の成長をあたたかく見守ってあげましょう。

◎生後5~6か月頃(ごっくん期)

口の中のものを飲み込むのに慣れる時期です。

・離乳食は1日1回でスタート(母乳やミルクが栄養の中心)

・柔らかくすりつぶしたもの(ポタージュくらい)

・味つけなしの“10倍がゆ”1さじなどで様子を見ます。

◎生後7~8か月頃(もぐもぐ期)

柔らかいものを舌と上あごでつぶして食べる時期です。

・離乳食は1日2回(母乳やミルクから移行を進める)

・舌でつぶせる固さ(豆腐くらい)

・食品の種類を少しずつ増やしていきます。

◎生後9~11か月頃(かみかみ期)

前歯で噛み切って歯ぐきでつぶせる時期です。

・離乳食は1日3回(母乳やミルクから移行を進める)

・歯ぐきでつぶせる固さ(バナナくらい)

・1日3回の食事習慣を身につけていきます。

◎生後12~18か月頃(ぱくぱく期)

かじったり噛んだりが上手になっていく時期です。

・離乳食は1日3回(母乳やミルクは2割以下に)

・歯ぐきで噛める固さ(肉団子くらい)

・自分の手づかみで食べる練習をします。

栄養バランスを考えていろんな食べ物にチャレンジを!

赤ちゃんの成長とともに必要となる多様な栄養素。その摂取にも離乳食は大きな役割を果たします。毎日の食べ物のバランスをとるため「炭水化物」「ビタミン・ミネラル」「たんぱく質」の3つを意識しましょう。

◎炭水化物       米、パン、めん類、いも、シリアルなど

◎ビタミン・ミネラル  野菜、果物、きのこ、海藻など

◎たんぱく質      肉、魚、卵、大豆、大豆製品など

食物アレルギーにも一定の配慮を

卵、乳製品、小麦など赤ちゃんにアレルギーが起きやすいとされる食べ物も大切な栄養源です。必要以上に怖がらず、少しずつ様子を見ながら食べさせてみましょう。卵は十分に加熱した卵黄の部分から始めます。

鉄分を含んだ食事を心がけて

生後6か月以降の赤ちゃんは鉄欠乏性貧血を起こしやすいので、鉄分を含む食品を使ったメニューを意識しましょう。

◎鉄分の多い食品

大豆製品、ほうれん草、牛肉、卵、まぐろ、青背の魚、小松菜、豚肉、レバーなど

離乳期にはNGの食べ物も

はちみつは1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品です。はちみつそのものだけでなく、はちみつ入りの飲料やお菓子なども与えないようにしましょう。


◎これは赤ちゃんに食べさせない

はちみつ(1歳まで)、牛乳(1歳までは加熱調理のみ)、香辛料(1歳まで)、肉・魚・卵の生もの、カフェイン、のどに詰まりやすいもの

ベビーフードや作り置きで時短も可能

市販のベビーフードはいろんな種類があるので、手作りの離乳食とあわせて使えば食品数や調理方法のバリエーションが広がります。また、手作りする時の“食材の固さ”や、カットする大きさや量の参考にもなります。もちろん、おかゆや茹で野菜を多めに作って冷凍したり、素材の缶詰や冷凍食材を上手に利用してもいいでしょう。

シヤチハタの「アートライン ウエットライト」なら水に濡れたプラスチックや発泡スチロールにもしっかり書けるので、離乳食の保存容器(袋)に「いつ作ったか。何が入っているか」を記録しておくのに便利です。

離乳食の記録ノートもおすすめ

離乳食の記録ノートを作って毎日の食材や料理名、赤ちゃんの食べた量やその時の様子などを記録するのもおすすめです。離乳の進行具合がひと目でわかるし、毎日の栄養バランスを考える参考にもなります。もちろん、育児ノートとの兼用でもOKです。

シヤチハタの「オピニ 手帳のはんこペン」は、スタンプと黒・赤2色のボールペンが1つになった便利グッズです。「笑」「泣」「Good」「!」「買物」「誕生日」など楽しいアイコン印も選べるので、記録ノートを楽しみながら続けることができます。

この記事で紹介した商品

アートライン ウエットライト

水に負けない油性インキを使用。濡れた状態のプラスチック、発泡スチロール、金属などにもしっかり書くことができます。

希望小売価格 中字(黒、赤、青) ¥150+消費税

       太字(黒、赤、青) ¥200+消費税

※一部濡れていると書きづらいプラスチック材質があります。

オピニ 手帳のはんこペン

スタンプと黒・赤2色のボールペンが1つに。複数のスタンプを連結して使用することもできます。

希望小売価格 ¥1,400+消費税

本体ご購入後、「ネーム印」「アイコン印」いずれか1つをお申し込みいただけます。

アイコン印(別売)は¥200+消費税で単品購入いただけます。