• Home » 【成長記録】どう残す? 何を残す? ずっと思い出になる表現方法とは

【成長記録】どう残す? 何を残す? ずっと思い出になる表現方法とは

子供と過ごす毎日は一瞬ごとが貴重なもの。何年か先に「あの頃はこうだったな」と振り返ったり、「あなたの幼かった頃はね」と伝えるためには成長記録を残すのがおすすめです。また、成長記録は子供の心身の変化を知るのにも役立つでしょう。
この記事では、子供の成長記録を上手に残すためポイントについてご紹介します。

すべての基本は写真・動画を上手に撮影することです

高画質な写真や動画がスマホでも撮れる時代です。子供の成長記録のため「気がつけば撮影している」という方も多いでしょう。ここでは、心に残る撮影のためちょっと心がけたいコツをご紹介します。

笑顔以外の表情も逃さない

「子供がニコッとしたら思わずパチリ!」は当然ですよね。でも、それ以外の喜怒哀楽も撮影しておけば、少しずつ感情が育っていく子供の様子をリアルに残すことができます。例えば、泣き顔のアップや初めて炭酸を飲んだ時のシュワ~っとした表情、自分より大きな犬と向きあった時の不思議そうな顔など。さらに、子供の体のパーツ(ぷにぷにの手足や歩き姿など)も撮影しておけば、わが子の成長をいっそう多面的に記録できます。

いましか使わない“モノ”にも注目

おもちゃや絵本、洋服、子供の絵や工作など“その時期だけの旬のモノ”にも注目しましょう。いつかは手放してしまうモノも画像に残しておけば、何年か後には「あの頃はこれでよく遊んだね」などと親子で振り返ることができます。

年に1度は家族写真を撮る

毎年1度は庭の木の下で家族全員の集合写真を撮る。すると、子供だけでなく家族としての成長の記録が残せます。子供が大きくなる様子だけでなく、だんだん親らしい顔つきになっていくパパ・ママの姿や、「あの頃はこんな服装や髪型だったね」など時代を感じさせる映像の記録にもなります。

こまめな整理で撮りっ放しにしない

「気がつけばスマホの中に画像データがぎっしり」「いつどこで撮影したかわからない」。そんなことにならないため、写真や動画はこまめに整理しましょう。「20xx年xx月」などとフォルダにわけて、撮影場所もメモしておくと安心です。近年は画像整理用のアプリもいろいろ出ていますよ。

SNSへのアップはプライバシーに注意

SNSへの投稿も成長記録の有力な手段です。ただし、子供の顔写真や自宅など内部の画像のアップは慎重に行いましょう。できれば閲覧制限などを設けて、誰でも見られる形ではないようにするのがおすすめです。

育児日記やスクラップブックを作成しましょう

育児日記は健康管理にも役立つ

日々の育児で感じたことをノートなどにまとめる育児日記。「こんな言葉をしゃべった」「今日はよく笑った」「歯が生えそろってきた」など、ちょっとしたことでも記録しておけば後々のよい思い出になります。また、身長・体重や授乳量、排泄の回数、睡眠時間などを記録しておけば子供の健康管理にも役立ちます。長く続けるコツは“無理をしないこと”。毎日書くのは最低限の記録だけにして、週に1度だけ長い文章を書くようにすれば忙しい中でも続けやすくなりますよ。

スクラップブックに何でもペタペタ

子供の写真を育児日記やイラストなどと組み合わせてスクラップブックを作成してもいいですね。大判のノートやスケッチブックを用意して、あとはペタペタ貼り付けるだけで記録が残せるし、撮りためた写真の整理にも役立ちます。もちろん、ママ友やご近所さんの写真や新聞記事の切り抜きなど、何でも自由に貼り付けて楽しむことができます。

だんだん大きくなる手形・足形を残しましょう

日に日に大きくたくましくなる子供の“手形・足形”を成長記録として残す人も増えているようです。赤ちゃんの手形・足形を上手にとるコツは・・・

事前にイメージトレーニングしておく

赤ちゃんの手足にインキを付けてスタンプするまでの動線を頭の中でシミュレーションしておきましょう。一連の動作の中で赤ちゃんの体勢に無理がないかを確認して、スムーズにスタンプがとれるように準備します。

子供が楽しくなる雰囲気を演出

話しかけたり、歌を歌ったりして、赤ちゃんが機嫌のよい状態で手形・足形をとるようにしましょう。また、できるだけ短時間ですませて赤ちゃんがグズらないようにすることも大切です。

汚さずきれいにスタンプする

赤ちゃんの手足にインキを付けすぎないようご注意を。パパ・ママはエプロンを着用して新聞紙を敷いた上でスタンプするようにします。手形などがとれたらすぐにインキを拭きとり、石鹸などで赤ちゃんの手足をきれいに洗ってあげましょう。

手形・足形で動物や鳥のスタンプを作りましょう

シヤチハタの「First Art(ファーストアート)」は、カラフルな手形・足形のスタンプをシールやペンで装飾して、“世界に一つだけ”の作品ができる手形・足形アート制作キットです。

作品制作の手順はカンタン

①手形・足形を押す

②手形スタンプパッドで手形・足形を台紙に押します

③顔と文字を描く

④専用ペンで顔や文字などを描きます

⑤飾り付けシールを貼る

⑥作品をかわいく自由にデコレーションします

⑦フレームに入れる

⑧木製フレームに作品をセットして完成

トートバッグやスタイに手形・足形を

シヤチハタの「First Art(ファーストアート)布用」は、手形・足形でオリジナルの「スタイ」「トートバッグ」ができる制作キット。背景があらかじめプリントされていて、手形・足形を押すだけで簡単にグッズ制作ができます。

いろんなグッズに手形・足形をスタンプ

シヤチハタの「PALM COLORS(パームカラーズ)」は手形・足形を紙に押すための専用スタンプパッド。肌にやさしいインキで全10色があり、水洗いもラクラク。色鮮やかに長時間発色するインキを採用しています。

また「PALM COLORS布用」ならTシャツ、ハンカチ、エプロンなどいろんな布製品に手形・足形がスタンプできます。

この記事で紹介した商品

First Art

【セット内容】スタンプパッド(A5サイズは1本、色紙サイズは2本)、木製フレーム1面、作品用台紙3枚、飾り付けシール3作品分、飾り付け専用ペン(黒)1本

A5サイズ ■ゾウ ■フラミンゴ ■ヒヨコ

希望小売価格 ¥1,600+消費税

色紙サイズ ■ウサギとクジャク■ネコとチョウ ■2ひきのサカナ

希望小売価格 ¥2,300+消費税

First Art 布用

【セット内容】スタイ+スタンプパッド トートバッグ+スタンプパッド

スタイ ■ペガサス ■はくちょう ■きょうりゅう

希望小売価格 ¥1,800+消費税

トートバッグ ■樹木 ■花束 ■LOVE

希望小売価格 ¥2,500+消費税

PALM COLORS

全10色から選べて、約50回の手形・足形をスタンプできます(当社試験データ)。

希望小売価格 ¥700+消費税

PALM COLORS 布用

耐水性・耐光性に優れたインキを採用。全10色から選べます。

希望小売価格 ¥700+消費税