足形ペンギンの母子手帳カバー

手形アートでデコる!
赤ちゃんの手形や足形を母子手帳の表紙に♪

難易度
想定時間 60min

レシピを教えてくれた作家さん

やまざき さちえ

株式会社petapeta代表取締役。赤ちゃんの「今」を残す手形アート「petapeta-art®」を研究・考案。「楽しいことばかりではない育児に、ちいさな彩りを」をコンセプトに手形アート作家として活躍中。

赤ちゃんの手形アート(足形アート)を母子手帳のカバーにすれば、使う度に成長を感じられます♪
手形アート専用スタンプパッドを使った簡単な作り方を、やまざきさちえさんのレシピでご紹介!

はじめに

<小さなお子様の手形・足形のとり方>
ギュッと握った手のひらにも、簡単にインキを付けられます。

  • スタンプパッドを手に持ち、ヒンジ部を子どもの指の下へ滑りこませるようにして、手を開かせながらインキを付けます。

  • 子どもの指を広げて、しっかりと押します。周りを汚さないようにご注意ください。

  • スタンプパッドを置いて、抱きかかえた子どもの足で踏ませるようにしてインキを付けます。

準備するもの

  • ・画用紙
    ・ハサミ
    ・修正液
    ・お好みのマスキングテープ

使用するシヤチハタ商品

つくりかた

1. 画用紙に足形を取ります。

2.足形の右横に指形を押します。

3.画用紙を母子手帳のサイズに切ります。

4.ペンで目を書き、修正液でお腹をつくり、お好みのマスキングテープで帽子とリボンを作って貼り、ペンギンを完成させます。

5. ペンでお好みのデザインに装飾します。今回は赤ちゃんの幸せを願い、よつばのクローバーを縁にあしらいました。

6.完成です。

ペンで好きなイラストを書き込んで、世界にひとつだけの母子手帳カバーを作りましょう。
色を塗る際はベタ塗りにせず、ちょっとランダムに塗ることで抜け感が出ます。お好みでわが子の身長や体重を書き込んでも良いですし、少し成長したおこさんのカバーを作る場合は、お子さんが好きな食べ物やおもちゃのイラストを書き込んであげても良いでしょう。

写真撮影:空尾伊知郎

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook